平凡で普通の人ってこの世にいるの?

BLOG

ボーッとSNSを見ていると、こんな投稿がありました。

有名な人や成功者の生い立ちには興味あるけど、
平凡で普通の人の生い立ちなんか一切興味ない

自分はこの投稿を見たときに「平凡で普通の人なんかこの世にいるのか?
と疑問に感じました。

自分で「私は平凡で普通な人間です」って言うならまだ分かるけど、
これは他人が決める事じゃないんじゃないの?って。

こういう事言っちゃう人って割とどこにでもいるけど、
SNSの世界は特は勘違いしちゃう人が多いのかなーと思っています。


あのね…

オンラインもオフラインも同じ【リアル】なんですよ

ネットの回線に乗ってるか乗ってないかだけの違いだけで、
どっちも「リアル」なの。

あなた、実際に人を目の前にして「あなたの事は全然興味ないです」って
言います?

たとえ思っていても言えなくない?

顔が見えないからどんな事でもズバズバ言っていいっていう
ことにはならないと思うんですが、その辺どうなんでしょう?

色々な分野でネットが主流になりつつある今のご時世、
ネットを使った「副業」などを有効に進めていくために
SNSを使う人も増えてきました。

自分もSNSを活用してきて常日頃しみじみ感じるのが、
SNSは自分の名刺のような役割も担っている」という事。

基本的には好きに使えば良いと思うんですけど、
少なからずそこにビジネスを絡めていくのであれば
マイナスの印象」を与えるような事は書いちゃダメだよねーって思うんです。

しかも今回たまたま見かけた投稿の人「ブロガー」の方だったんですよ。

言葉を使って人に伝えたり、助けになるような記事を作っていくのが
仕事の人は「言葉選び・言葉の使い方」には特に気を使わなきゃいけないはず。

時には毒を吐いても全然構わないとは思いますが、
毒は毒でも「ユーモアのない毒はただの凶器」ですから
その辺を気を付けて発信していかなきゃいけないよね?っと思いました。

どれだけ言葉を取り繕って作っても、分かる人には分かっちゃいますからね。
たかが画面上の文章でも侮ってはいけませんよ?

それらを全て見抜くのも、興味がないとつっぱねた
平凡で普通の人」である可能性は大いにありますから。

 

あとね、成功者と言われている人って、
「どんな人の話でも聞いて、自分のモノに出来るところは
自分のモノにしてる」

誰からでも学ぶ姿勢」っていうのを持ってる人が多い気がします。

他の部分でどれだけ劣っていようとも、この姿勢だけは忘れずに持って
おきたいと常に思っています。

人生において「どっちが上とか下」とか無いんですよ。
そこら中にいるみんな「人生の先輩であり後輩であり、同期」だと
昔からずーっと思ってます。

たまたま電車で隣に座ってきたオジサンは
実の母親にから「こんな子供本当は欲しくなかった」って
言われたことないかもしれませんw

※下記の記事から↑の出来事の詳細を確認出来ますw

一方でそのオジサンが経験してきた事の中で、
自分が知らないこともたくさんあるでしょう。

そりゃ当然なんですよ。

「この世に生きてるみんな、今までとこれからの
ストーリーの道筋が違うんだから」

 

周りの人の話を全部聞いて、全部面白いと感じろ!とは思いませんが、
もっと身近なところにも目を向けられるようになれれば
人生もっと面白くなってくるかもしれません。

終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました